トップページ ご利用方法について カテゴリ一覧 新着一覧 特集一覧 お問い合わせ
ランキング特集_Kobe_INK物語

緑を背景に美しい色の集まる街「KOBE」で、Kobe INK物語は生まれました。 2007年、最初に誕生したのは、美しい自然の宝庫「六甲」の深い森の色「六甲グリーン」。数々の色は、Kobeの魅力を存分に表すために、試行錯誤を繰り返し、物語をもって生まれてきます。

ひたすらに神戸の魅力に惹かれて色を求め続け、気が付けば万年筆インクで世界有数の色数を誇るシリーズへと成長していました。皆さまに育てられたKobe INK物語にどんな色があるのか、今回、ランキングという形でご紹介して行こうと思います。

美しい街KOBEを散策するように、Kobe INK物語の色どりを眺めてください。 あなたの心惹かれる色が見つかれば、とても幸せです。

KobeHimeajisai

01

紫陽花のあふれるグラデーションが美しい神戸ヒメアジサイ

2016年Kobe INK物語の人気ランキング、堂々の第1位は、美しい神戸市の花・紫陽花の色彩美しさを表現した神戸ヒメアジサイです。その多種多様な色彩の饗宴は、毎年見る者の目を楽しませてくれる自然からの贈り物です。

商品詳細へ

神戸ヒメアジサイ

OjiCherry

02

神戸の憩いの場、王子公園の春をイメージ王子チェリー

2位にランクインしたのは、
神戸市民の憩いの場所「王子公園」の春をイメージした王子チェリーです。市街地にほど近い場所に、動物園をはじめとする本格的アーバンパークは、神戸市民の誇れる魅力スポットです。春の入学シーズンには、園内の美しい桜並木が華やかに私たちの心を和ませてくれます。

商品詳細へ

王子チェリー

  • interview
  • 商品企画室 室長
    竹内 直行

万年筆のインクにとどまらない、色彩がつなぐ無限の可能性

神戸市の花、紫陽花が2つランクイン

2016年のKobe INK人気ランキングの、記念すべき1位は、神戸ヒメアジサイですね。この色は本当に人気があって、一時は生産が追い付かないほどでした。5位にランクインされている六甲シチダンカもそうですが、どちらも神戸市の花、紫陽花の色彩です。この2つは、ちょうど紫陽花のキレイな初夏にあわせて発売しました。

近年好まれる鮮やかな色

このランキングが物語っているように、最近は万年筆ユーザーの中には、鮮やかな色を好まれる方が増えています。これまでの万年筆のイメージ=ビジネスマン、男性といった層は、ブラック、ブルーブラックが主流でした。10代20代女性の万年筆ユーザーが増えつつあることは、鮮やかな色展開を強みにしているKobe INKにとってうれしい限りです。そんなニーズに応えて、近頃は、若いユーザーを意識した鮮やかな色展開を行っています。デジタルが進んだこの時代の中で、若い世代にはどんどん書く楽しみを知ってほしいですね。

Kobe INKの圧倒的な発色美

いまや60色という充実した色展開に成長しているKobe INK物語ですが、その特性は、なんといっても色彩の美しさです。一色でも本当に美しいグラデーションが生まれるのです。その発色の美しさから、いまでは万年筆ユーザーにとどまらず、カリグラフィーや、筆をつかった絵画用としても求められるようになってきました。もはや、「万年筆インク」という枠ではおさまらず、他方面の、Kobe INKの色の美しさを知った方々から「ぜひKobe INKの色を使いたい」というお声をかけていただくようになってきました。最近、神戸の街や、神戸の印刷物の中にも、実はKobe INKの色が結構使われているんですよ。よかったら探してみてくださいね。

竹内室長のいまのお気に入りは...?

ずばり最近発売したばかりの「神戸異人館ミント」ですね。ランクインこそしていませんが、おかげさまで、人気色として仲間入りしています。神戸の美しい景色に溶け込む異人館をイメージした爽やかなミントグリーンを表現しています。

色がつなぐ人々とのつながり、そして街づくり

色を開発していく中で出会った人々との物語が、色の数だけ生まれます。とても素敵なことですね。そして、神戸にはこの色の数だけ美しい場所が存在するのです。それを色で表現して発信することで、日本中、いえ、世界に神戸の美しさを知ってもらいたい。これは色をつかった街づくりなのだと自負しています。まだまだ表現したい神戸の色彩があります。ここだけの話、また新色も開発中ですよ。どうぞご期待ください。

03

市場に並ぶ新鮮な魚と野菜水道筋マルシェブルー

Suidousuji-marshe_Blue

3位にランクインしたのは、昭和の香りが残る魅力的なライフスタイルエリア「水道筋」の市場に並ぶ新鮮な海の幸とフレッシュな野菜をイメージした、水道筋マルシェブルーです。

商品詳細へ

水道橋マルシェブルー

04

晴れた和田岬の鮮やかな空の色和田岬ブルー

Wada-misaki_Blue

4位にランクインしたのは、和田岬線に走る103系電車の鮮やかなスカイブルーをイメージして生まれた和田岬ブルーです。

商品詳細へ

和田岬ブルー

Pickup

古代ギリシャ展を記念して作られた特別生産品エーゲ海ブルー

Aegean_Sea_Blue

2016年12月23日より神戸市立博物館にて開催される古代ギリシャ展を記念して作られた特別生産品、エーゲ海ブルー。開発者竹内によると、「和田岬ブルー+塩屋ブルーがまざりゆくイメージ」、それが、NAGASAWAが思い描く、エーゲ海の色なのです。古代ギリシャのエーゲ海を想いながら、ペンを走らせてみてください。

エーゲ海ブルー

商品詳細へ

ページTOP

Informtion


決定 キャンセル