トップページ ご利用方法について カテゴリ一覧 新着一覧 特集一覧 お問い合わせ

トップページ筆記具/万年筆/ボールペン等 > 万年筆

プラチナ万年筆 #3776 セルロイド万年筆 金魚/桜/エメラルド/べっ甲/石垣
(PLATINUM/センチュリー/送料無料/送料込み)

  • 32,400円
  • (通常価格:
  • 会員ポイント:3,000
  • 送料:送料込
  • 商品番号:ptb-30000s

【ペン先・字幅】 × 【ボディカラー】
 細字・F中字・M太字・B
金魚
エメラルド×
べっ甲
石垣
×・・・売り切れ

数量

買い物カゴに入れる

プラチナ万年筆 #3776 セルロイド万年筆

  • ペン先:14金 大型
  • セルロイドボディ
  • 全長:約136.5mm、最大径:14.9mm
  • 重さ:約20g
  • カートリッジ・コンバーター両用式(コンバーター CON-500 別売)
  • セルロイド

    セルロイドは硝酸繊維素(セルロースに硫酸と硝酸を加えてできたもの)に樟脳とアルコールを混ぜて作った燃えやすい半透明のプラスチックで着色すると色が鮮やかになります。摂氏90度で柔軟になり、冷却すると硬化する性質を持っています。

商品詳細

セルロイドは、成型しやすく、デザインや色が豊富で独創的な零囲気のある素材、その色をじっと見詰めていると吸い込まれそうな優しく柔らかい色が印象的です。

しかし、魅惑的なセルロイドですが万年筆作りには、6カ月以上乾燥しないと、軸の変形・ねじれ等が生じるため扱いが難しく、高い技術と長い時間が必要な素材です。また、可燃しやすいものなので保管・管理には気を使うのも難点だとか..
「根気よく仕上げ、じっくり寝かせて待つ」 やはり、良いもの出会うには時間が掛かるようです。

セルロイドは130年以上前に発明され、歴史上でも最も古い可塑性樹脂の一種ですが、最初は象牙の代用品として使われていました。工業用では、写真用のフィルムや映画フィルム、アニメーションのセル画用のセルフィルム、ギターのピックなど古くは多用されていました。現在では、その名前が製品の一部に使われていたり、代名詞になっていたりします。万年筆や眼鏡のフレームに使用されるようになったのは20世紀半頃になってからで、セルロイドの歴史の中では、まだまだ新しい部類に入ります。

作る側にとっては気難しい部分もありますが、その優しい柔らかな色が心を和ましてくれまるで宝石のような魅惑的な存在ですね。
どこか懐かしい暖かみのあるセルロイドペンをご愛用の1本にいかがですか?




お探しの商品は、
販売終了もしくは、在庫切れのため
お買い求めいただけません。

お問い合わせはこちら

トップに戻る

NAGASAWAの選べるラッピング

大切な人への贈り物は、アイテム選びだけでなくラッピングもとても大切。 NAGASAWAでは、お好みやシーンにあわせてお選びいただけるよう、様々なラッピング用紙をご用意しています。お客様の気持ちが伝わるよう、スタッフが心を込めて一点一点お包みいたします。

※商品によって、ギフトラッピングできないものがございます。あらかじめご了承くださいませ。

関連商品

 

おすすめ商品Recommend

ページTOP

Informtion